ゴルフクラブは誰のもの。もちろんあなたのゴルフクラブです。自分にピッタリのクラブを見つけましょう。

シャフトというパーツ

シャフトというパーツにはいつか寿命がくるのです。

ゴルフを詳しく知っている人は、終わりが近いクラブに違和感を持ってしまうのです。

予想したよりも飛距離が伸びない、ゴルフクラブを振ると、毎回変調を感じると何らかの劣化が起きていると怪しんでみるべきでしょう。

経験がないところからゴルフレッスンを受けようとしている未熟者との自覚があれば、まず肝心のゴルフクラブをゲットすることからスタートすべきでしょう。

かと言って、クラブの選択はゴルフ経験者でも容易ではないでしょう。パターをはじめとしたゴルフクラブは力一杯振り回すクラブではないので、性別で違いはなく変わりのない仕様になっています。クラブメーカーも体力の違いなど利用する人を一押しのゴルフクラブを展示しています。次のステップとしてゴルフのレベルアップをはかるには、上級者向けのゴルフクラブも大切な時が来るのは間違いありません。

セオリーだけでゴルフの腕前が上がるわけではありませんが、理論がわかっているとスイングそのものをイメージしやすくなります。

ゴルフの上手い下手は、このような絶妙の作り込みの差に影響されるわけです。

簡単そうですが、成績を上げるにはコツがあるのがパッティングなのです。パターというクラブにはメーカーの思いが詰まった、さまざまなタイプが販売されています。

ピンタイプはオーソドックスですが、マレット型、 L字型などいくつもあります。

かなり低価格でゴルフクラブを事もなげに販売しているインターネットの通販はよくあるような気がします。こんな値段で薄利多売にもほどがあると、心配になるほどです。

どこかに欠点があるようには見えませんので安心して購入してみるのも悪くありません。

クラブの選定方法が難しいのは、ヘッドの重量や慣性モーメントなど、クラブごとに振りやすさに違いがあるからでしょう。

クラブの金額は信じられないくらいの違いがあります。習い始めの頃ならば、普通のゴルフクラブの値段もわからなくても当然です。

まだ無理のきく年齢だと思うのなら身長に合わせた全体の長さと最適なライ角の状態をチューニングしてください。どれくらいのパワーがあるかでシャフト重量を決めましょう。シャフトの材質については初級者の場合ドライバーはしなりやすいカーボン製のシャフトが良いかもしれません。製造メーカーでは実際には独自色を出そうと必死で作り出そうと努力しています。違うメーカーのクラブだと打感も違いますから、ゴルフ店ではパターの試打が可能な空間を用意しているとところがほとんどです。

例えばドライバーのクラブヘッドの重さや形状のタイプの影響で、ヒットしたボールがどんな弾道を描くのかを理解しておく必要があります。

当然ですが、全体的な長さと重量も大切なポイントです。

後は肉体的なパワーだと考えられます。

飛距離の平均値を知っておき、普段の自分の飛距離を測定しておくことで、コースを回る際にどのクラブでどんなゴルフスイングをするのが望ましいのかが掴めてくると思います。ここまで来ればビギナーからの卒業だと考えてよいでしょう。クラブに表示されている数は大きな方が飛距離は低減するようにできています。

中年になっていないなら体力も相当でしょうから、シャフトの硬さを増したり、少し重さのあるクラブを選んだりする方が良いのは確かです。

とりわけヘッドスピードのある人はSRよりも硬いシャフトを使うべきだし、45以下のゴルファーはSRシャフト以下を使った方が使いやすいでしょう。必要以上にボールと上げようとするゴルフスイングになると思いがけないほど高い軌道を描いてしまうのです。

無論の事、同じロフト角でも製造元や商品によって、弾道がまったく別なものになることも珍しくありません。ドライバーの選択方法は複雑で手間取るということを知っておきましょう。