ゴルフクラブは誰のもの。もちろんあなたのゴルフクラブです。自分にピッタリのクラブを見つけましょう。

財布の中身にあう範囲

クラブの選定方法について、細かいことに悩むよりも財布の中身にあう範囲かどうかで判断することもできるでしょう。本当のゴルフクラブ選びは自分のレベルと製品の特色をバランスよくすることです。

初心者ですからうまくいかなくても不思議ではありません。初心者ならば、ゴルフスイングの基本をしっかりマスターしましょう。

その意味ではクラブの選定ではあまりナーバースにならなくても大丈夫だと思います。

初心者が助けを借りずに適切なゴルフクラブを選ぶのはなかなか容易くはないので先輩などに正しい選び方の指導を何とかしてもらいましょう。もちろん、基本的なことをこなせるのであれば、物々しく不安になることはありません。

どういったゴルフクラブを使用しても、やることは同じです。地面にあるボールを狙ったところに飛ばすだけだと割り切れば難しくありません。

誤った癖がつくと、後で後悔しても遅いのです。まずはベテランゴルファーと一緒にゴルフの練習ができるところに行きましょう。それから、レンタルのゴルフクラブを使ってゴルフの面白さを知るところから始まります。はじめのうちはうまくボールに当たらなくて当たり前です。

手にしているゴルフクラブにちょっと物足りないと脳裏をよぎった時点で、我慢していた最新のゴルフクラブの購入を考え始めましょう。

この時点ではよりハイレベルのものを選ぶときが訪れたわけです。

できそうで難しいのがゴルフというスポーツです。そして、いつか必ず本番のコースに出られるように目標を持ちましょう。

ゴルフ初心者のためのゴルフクラブの選び方をご案内しましょう。

最初に、ゴルフ用品はどんなものを揃えればよいでしょう。

初心者は基本からわかりません。

ビギナーならば、道具は中古品でも取り敢えずは使えるという考え方に大抵の人が同意するのではないでしょうか。ある意味でそれは正しいでしょうが、中古クラブを見るとシャフトが時間と共に劣化しているという非常に大きな問題が隠れているということを認識しておく必要があることをお伝えします。成績が悪い日でも自分に合ったゴルフのエンジョイ方法がきっとあるはずです。

広いグリーンの中で、ボールに向かっている自分をイメージできると嬉しいものです。集中力がゴルフプレーには欠かせないです。

ゴルフクラブにある能力をMAXで発揮できるスイングがなかなか難しいことです。

可能な限り早急にビギナーの域を脱しましょう。

ゴルフクラブのシャフトの劣化は材質が何でも起きるものです。スチール製でもカーボン製でも同じことです。

球筋が突然定まらない状態になったら、新しいクラブの購入を考え始める頃といえるでしょう。

劣化した状態のシャフトを使用していると、コース内でシャフトが折れて問題が起きる危険度が増すでしょう。初心者なら、経験者の意見やゴルフクラブ専門店などでアドバイスを受けるとよいでしょう。

どのような選び方をすればいいのかと言う以前に、どのようなゴルフクラブが必要なのかを知ることから始めなければならないのです。

腕力で言うことを聞かせようとしても望んでいたほど飛距離が伸びないのが実際のところです。

ゴルフする喜びを知ることが一番重要なことなのです。そのスタートとしては凄まじい数のゴルフクラブが世の中にあることを納得しておきましょう。

シャフトの硬度や重さに違いあるのです。パターは大体33~35インチ位の長さが 一般的に売られています。

身長が普通位の場合は 33~34インチ位が理想的だと思うし、 身長が高い人には 34~35インチ位の長めの クラブがお勧めです。 ドライバーやアイアンに関しては プロモデルを初心者が使用すると 難しすぎて使いこなせないと思います。 しかし、パターに関しては プロモデルでも充分に 使いこなす事が出来ます。

そうなると 新品にこだわる必要もなく、 中古のプロモデルでも 良くなってきます。

中古のパターを使う利点としては 良い物を安く手に入れる事が出来る事です。ゴルフクラブの選定で一番のポイント、それはプレースタイルに見合ったクラブ選択をすることでしょう。

自分のプレーに合ったクラブを選ぶことが出来たら、その時点でゴルフは上達すると思っても良いでしょう。

ゴルフクラブを選定するタイミングについてですがどう捉えるのが正しいでしょか?安心できる時期としては自分なりのスイングが出来てからが良いでしょう。

レッスンプロにコーチを受けたりして飛距離もある程度落ち着いてきたらそろそろ選んで良いでしょう。