ゴルフクラブは誰のもの。もちろんあなたのゴルフクラブです。自分にピッタリのクラブを見つけましょう。

飛距離はデリケートな話題

ゴルファーにとって飛距離はデリケートな話題で、コンディション次第でかなり違った数字が出ます。そろそろ、ゴルフプレーの飛距離ををテーマにして考えてみましょう。

ただし、断定できることはゴルフクラブの性能次第でボールの飛び方が変わってくることは間違いありません。コースに出る時にボールは多めにあっても大きなスペースも必要ないので、10個以上は用意した方が良いです。

ゴルフシューズと言うものはプレーする以外の使い方は考えられませんが、コースに出るならば履いていなければゲームに参加できません。まだ若さに自信があれば体格に合わせたゴルフクラブのサイズとライ角についてチューニングすると良いでしょう。

自分の体力と相談してシャフトの種類を選びましょう。まずシャフトは始めたばかりに人ならドライバーなら柔らかめの扱いやすいカーボンシャフトが正しい選択だと思います。

これからゴルフと言うゲームをスタートしようかと考えている人が、自分に可能なレベルをどんな目標にまで高める意識でいるのかを想定しておきましょう。プロを目指すわけではありません。

ビギナーのうちは少ない本数のゴルフクラブを手元に置くだけでも役目を果たすでしょう。40歳未満なら力強さがあるので、硬いシャフトに交換したり、どちらかといえば思いものを使ったりした方が良いと思われます。

ヘッドスピードが45以上のパワーヒッターは硬いシャフトが合うと思いますし、45に満たないゴルファーはSRよりも柔らかいシャフトにした方がゴルフスイングも上達するでしょう。

ビギナーのためのドライバーの選び方に触れておきましょう。

ドライバー選びの基本は自分の良さを引き出せるゴルフクラブを選ぶことが大切です。

そのため、ドライバーの仕様が意味するところを前もって知っておいた方が良いでしょう。

メーカーからは毎年新規のモデルが販売され続けます。けれども、素材などはほとんど変わりません。

これから始める人は選び方で悩むよりもゴルフクラブの知識に関してからわかる工夫をした方が結局は良いでしょう。クラブのタイプにどのようなものがあり、それぞれの部品がどんな使われ方を担っているのかを知っておかないと困ります。難しくはない気がしますが、スコアを伸ばすためには繰り返し練習が必要なのがゴルフの大きな要素であるパットなのです。

ゴルフクラブの中でもパターにはメーカーが知恵を絞った様々な形が製造されています。ポピュラーなピンタイプ、さらにマレット型、L字型と続きますので迷うでしょう。クラブの選び方はゴルフと言うスポーツは他とは完全に違うという点を理解することがスタートになります。

ゴルフクラブには複数の種類があります。

実際のゴルフコースでは、数多くのゴルフクラブの中から1本だけ決めてボールを打つルールになっています。

アベレージゴルファーならゴルフクラブは今までと同じなのに「最近ボールがフックしてしまう」とか「OBの方向によく飛んでしまう」とかミスショットがあると思いますが、ポジティブに考えるとボールを掴まえられていることに由来しているわけです。

それを正しい状態にしたがために安易にゴルフクラブを変えてしまう人も少なくないでしょうが、経験的にはゴルフクラブの重要なポイントになるのはヘッドであることは当然としてもシャフトも忘れるわけにはいきません。

使用中のクラブに少し物足りないと感じるようになったら、我慢していた最新のゴルフクラブとの買い替えを検討しましょう。

この機会にもっと上のクラスのものを選ぶのです。年齢と相談したクラブ選びがスコアメイクに大きく影響します。

では、実際にどんなゴルフクラブを選べばいいのでしょうか。

ゴルフクラブは皆ほとんど同じに感じますけれど、比較してみるとどう違うのかがわかると思います。クラブ別の平均的な飛距離を理解したうえで、普段の自分の飛距離を掴んでおくことで、ラウンド中にどのようなスイングをすればいいかがわかってくるはずです。

ここまで来れば初心者から抜け出したと考えて良いでしょう。

クラブに表示されている数は増えていくほど飛距離は下がるようになっています。既にご存知かもしれませんね。