ゴルフクラブは誰のもの。もちろんあなたのゴルフクラブです。自分にピッタリのクラブを見つけましょう。

ゴルフのビギナー

ゴルフのビギナーは自分がどれくらいこなせるかをわかっているわけではないと考えるのが普通です。

ここでは、確実性の高い初心者向けのゴルフクラブを選択することになるでしょう。まず第一にそれ程ひどい弾道にならない感じを受けるクラブが何よりです。ここで、ゴルフクラブの重心のポイントがどの位置にあるかも忘れるわけにはいきません。

ゴルフクラブの手元と先でバランスを維持するために重さが大きな意味を持ちます。

スタート地点にいる人には投げ出したいような話ばかりですが、ちょっとずつでも理解できるものです。

中級レベルの人はゴルフクラブは今までと同じなのに「最近ナイスショットが減った」とか「OBの方向によく飛んでしまう」とか悩みがあるかもしれませんが、確かにボールに当たっていることを表わしているでしょう。これを補う手段として手軽なところでゴルフクラブの交換を考える人もかなりいるでしょうが、経験的にはゴルフクラブで肝心なのはヘッドであるのは無論の事シャフトも無視できないと思います。中年になるまでは体力や力があるので、硬いシャフトのものを探したり、どちらかといえば思いものを使ったりする方が良いのではないでしょうか。

特にヘッドスピードがあると自負している人はSRシャフト以上を使うべきだし、アベレージゴルファーは平均より柔らかめのシャフトを選んだ方がコース巡りも楽しくなるでしょう。

ボールを打ってみるとわかると思いますが、ロフト角が少し変わるだけでボールが描く軌道は大きく変わってしまうのです。

ビギナーの傾向としてボールの飛び方を高くしようと思ってしまう人が少なくありません。

そのため、初心者向けには10度くらいのロフト角を選択すれば丁度打ちやすいと思います。徐々に経験を積んで来たら、その際にこだわりを持ってクラブを新しく買えば問題はありません。

ついでながら、コースに出るのではなく、ちょっとしたスイングの練習などをするだけならば、中古のゴルフクラブを購入することでも役に立つでしょう。

振った感じが納得できるようであれば、自分に適していると考えても間違いないでしょう。何度もトレーニングを積み重ねると徐々にスイングの要領がつかめると思います。

それはある意味、ちょっとゴルフスイングが上達したと判断しても良いでしょう。

初心者としては、経験者の判断やショップの店員さんから助言を我慢強く教えてもらうと良いでしょう。

そこで、実際にどうやって選択すればいいのかを悩む前に、どんな種類のクラブが手元にないと困るかを理解するということから始めようとしましょう。

ゴルフスイング自体は訓練を何度も繰り返せば一定のレベルまでは誰でもいけると思います。

まさかプロが最終目標ではない人が大部分だと思いますので、ゴルフプレーを楽しむ方法を何なのかわかるようにしたいものだと思います。

ゴルフクラブをいう道具ばかりを目を向けてももったいないことになる見込みが高いと思います。

あるレベルに達してゴルフと言うゲームの楽しみ方が納得できてから、少しいいゴルフクラブの購入を検討しましょう。

中古市場で見かけるものは細かい傷が見られますが安い値段で取引される仕組みです。クラブの生産はほとんどアジアですが、技術的には非常に高く、新商品と型落ち品との差はデザインだけが違うと言っても過言ではありません。

数年前の素材が現在も使用されているからです。

いよいよゴルフプレーを始めようとしている初心者であれば、はじめにゴルフクラブを準備することから始めた方が良いかもしれません。

とはいっても、ゴルフクラブを選ぶことはシングルプレーヤーでも容易いことではありません。

ドライバーで出せる距離は一般男性で200から260ヤード、アマチュアの女性で150から200ヤードです。

3Wの場合は、男性で180から230ヤード、女性で120から180ヤードとなります。

PWならば、大抵は80ヤードから120ヤードほどです。

使おうとするゴルフクラブで飛距離はかなり違ってきますので、どのクラブを持つと、どこまで飛んでくれるのかを知っておかないとゲームになりません。